Skip to content

日本全国に700店舗以上あるという脱毛サロン

日本全国に700店舗以上あるという脱毛サロンですが、残念ながら全てのお店がお薦めということにはなりません。
格安をうたっているお店などでは、施術後のトラブルを引き起こすことが考えられます。例として、レーザー照射のあとには必ず冷却をすることが当たり前ですが、その冷却を省いているサロンがあったりします。中には皮膚が火傷のような状態になってトラブルになるようです。

このようなことはクリニックでは考えられないことですが、低料金をうたうサロンなどではよくあることでもあります。
名前がよく知られたサロンなどでは施術後のケアが素晴らしくて、脱毛と美肌を同時に手に入れることができると口コミなどで知ることがありますが、そういったサロンでは
カウンセリングから最終のケアまでの説明がきちんと組み込まれています。

料金があまりにも安い場合には、カウンセリングの有無やケアの仕方などをきちんと確認しておくことが必要です。

ネットや雑誌などで、サロンの脱毛キャンペーンなどの記事をよく見かけます。

最近では、エステティックTBCでは「両ワキ通い放題250円」などのキャンペーンを
行っています。ワキだけのお客様だと事業としては成り立ちませんね、ワキで通ううちに他の部位の脱毛をする気にさせるのが本当の狙いなのです。もちろんその気がなければワキだけで終わってもかまいません。最近は強引なセールストークはしないのがサロンの特徴でもありますから安心してください。

昔は脱毛というと高額料金というのがあたりまえで、サロンで脱毛するのはお金持ちか芸能人やモデルだけだという印象でしたが、今では高校生でもエステサロンや脱毛サロンへ行けるくらい低額料金で脱毛ができるようになりました。

ただ、いくら安くてもきちんと決められたプランで通わなければ、納得のゆく結果は出ません。
途中で止めてしまっては元に戻ってしまう可能性もあります。安いキャンペーンに飛びつくのもいいのですが、大勢の人がそのキャンペーンで契約したため思うように施術日の予約が取れないということになることもあります。思うように予約が取れないことから通うのを止めてしまうということにならないよう、きちんとプランをたてるのも大切です。

レーザー脱毛を考えている人は自分の毛周期を知る必要があります。

毛周期とは毛が生えてから抜けるまでのサイクルでヘアサイクルとも言われています。
成長期・退行期・休止期を繰り返しているのです。この毛周期は体の部位によってもサイクルが異なります。

頭髪は一番長くて、10日間に3~4㎜ほど伸びて3年ほどで退行期に入り、自然に抜け落ちていきます。1日に約50本以上の頭髪が抜けているとも言われています。
逆に毛周期が短いのは眉毛で、3~4ヶ月で生え変わります。

レーザー脱毛は成長期に施術を行います。ムダ毛と、皮膚の下にある毛乳頭がしっかりあるので、レーザー光が働きかけやすいと言われます。
なので、効果があがる成長期に合わせて施術を行っていくので、通う間隔が2~3ヶ月なんです。

脱毛したい部位の毛周期が休止期の場合だと毛穴の中で毛が浮いている状態のため、効果が全く期待できないのです。
脱毛したい部分の毛周期を知った上で、通う回数や施術日のプランをたてることが大切だということですね。

脱毛はエステサロンや脱毛サロンが有名ですが、医療機関など美容クリニックでも脱毛はできます。
脱毛方法としては、現在レーザー脱毛脱毛やフラッシュ脱毛などが定番になっていますが、特に医療用レーザー脱毛は大きな効果があるといわれています。

サロンでの脱毛は施術後の肌ケアが行き届いているので、人気がありますが、レーザー脱毛の場合、光の出力が低いので、より高い脱毛効果を望む人は医療用レーザー機器を使うクリニックで施術を受ける人が増えています。

クリニックの施術はなにより医師の指示のもとで行われているということでしょう。
皮膚の状態を医師がきちんと判断して行っているので、確実に脱毛効果を上げることができます。また個人差はありますが、一回一回の効果が高いために、脱毛完了までの回数はサロンに比べると少なくて済みます。衛生管理やトラブル時のアフターケアもきちんとしているので安心です。

しかしクリニックで脱毛をすると非常に高い料金を支払わなければならないのではないかと心配になります。少し前まではサロンよりかなり高料金だったのですが、近年、主に脱毛などを扱うクリニックが増えていて低い価格を設定しているクリニックが多くなっています。

短期間で、高い脱毛効果を望むなら美容クリニックで、時間がかかっても費用が安く、火傷のリスクを抑えたいならサロンで、というように自分にあった方で始めてください

レーザー脱毛で満足のゆく結果を得るにはいったい何回施術を受ければいいのか

レーザー脱毛で満足のゆく結果を得るにはいったい何回施術を受ければいいのか、とても気になります。
満足度は人それぞれですし、脱毛箇所によって通う回数も違ってきます。また、毛の生え方や毛周期も考慮しなければなりません。

サロンに通う脱毛体験者への聞き取りによる、おおまかな目安があります。
レーザー脱毛では大概3回ほどで効果を実感される方が多いようです。
毛周期の関係で、施術の間隔は最低でも2ヶ月あけます(顔の場合は1ヶ月ほどです)。

1回~6回で、ムダ毛が抜けるのを実感した。自己処理の回数が減った。
6回~10回で、自己処理をしなくなった。
10回~15回で、時々生えているかな?

という感想でした。
サロンでの無制限コースを選んだ人は少しでも生えてきたらまた行って施術してもらっている。と言う人がいました。
永久脱毛を希望する人は約2年間通って満足に到達しているというわけです。

美容クリニックでも脱毛サロンでも脱毛前に必ず行われるのが、カウンセリングです。
そのほとんどは無料で行われています。コースとか料金の説明が入りますが、強引な勧誘は近年ではなくなりました。なので、カウンセリングを受けたからと言って必ずそのサロンやクリニックで脱毛の契約をしなければならない、ということはありません。

カウンセリングではどの部分の脱毛をしたいのかを言えることができるようにしておくとよいです。脱毛する部位によって施術する回数などが違ってくるからです。
例えば両ワキでは、3ヶ月に1度のペースで1年に4回くらいの施術で2年か3年ほど続けるとほぼ今後の自己処理はしなくてもよくなります。ワキの場合範囲が狭いので照射は両ワキでも10~15分で終わってしまいます。とても毛深い人などでは照射時間や施術回数も変わってくることはあります。

ビキニラインも最近は脱毛希望者が増えていますが、デリケートな部分なのでなるべく通う回数が少ないとうれしいですね。ビキニラインの場合はクリニックで、という方が多いようです。それは、肌トラブルや火傷などの可能性もあるので、医師が常駐するクリニックなら安心だということでしょうね。
また、クリニックのレーザー脱毛は出力も強いことから通う回数が少なくてすむということもあります。

ビキニラインは個人差もありますが、目安としては1、2ヶ月間隔で7~10回位です。
多くの人が2~3回の施術で脱毛できているという実感を持たれるようです。
ゴムがパチンと当たったような刺激が少しありますが、照射時間は10分くらいですから耐えることができるでしょう。

施術回数は部位によって、毛の質によって、また、どこまで脱毛するかによっても違うのでカウンセリングで確認することをオススメします。

大阪 脱毛

永久脱毛を望む人にとって

永久脱毛を望む人にとっては、「本当に永久に生えてこなくなるの?」ということだと思います。
どんな脱毛法も永久ということはありません。

アメリカの電気脱毛協会による永久脱毛の定義は、「脱毛終了後の1ヶ月で、毛の再生率が20%以下」と定められています。日本でもこの定義に沿って永久脱毛という文言を使用しているようです。ですから永久脱毛を謳っていても全く一生涯生えてこないという約束はしていないわけです。

とはいえ、「脱毛終了」をどの時点にするのかは、人それぞれ違うわけですから余計永久脱毛というのがあいまいなものとなってしまっています。
永久脱毛という文言をそのまま信じてサロンなどへ通うと、がっかりしてしまうことになるので、事前のカウンセリングはきちんと受けて、疑問に思ったことはきちんと質問してスッキリした形で脱毛に臨みましょう。

永久脱毛の定義として「脱毛処理終了後1ヶ月の間に毛の再生率が20%以下であること」としていますが、実際にはレーザー脱毛での満足度は他の脱毛法を抜きんでています。
また安全性の観点からも他の方法に比べると、処理後の肌トラブルは少ないといってよいでしょう。

脱毛効果にすぐれ、肌にとってもリスクが少ないので、レーザー脱毛はムダ毛処理の方法として一番お薦めできるものです。
そしてクリニックでのレーザー脱毛とエステサロンでのレーザー脱毛はその効果も違ってきます。

エステでのレーザー脱毛は違法ということになっています。けれど、これだけエステでの脱毛が社会に浸透している中では全てを取り締ることはできません。またエステサロンでも出力を抑えて火傷などのトラブルには発展しないようにしています。

なので、クリニックで行うレーザー脱毛とサロンで行うレーザー脱毛の効果は違ってきます。クリニックでは医師の指示のもと施術を行いますから、万が一の肌トラブルにもきっちり対応してくれます。一方サロンは出力を抑えた施術をしますから、脱毛の効果がクリニックほど期待できません。しかし出力が低い分肌トラブルも少ないと言えます。